ライブゲームをして感じたこと② 儲けるオンラインカジノ

ライブ式プレイにハマり始めましたⅡ

ライブカジノの印象(つづき)

まずなんていうか、ライブ映像から流れる音がリアルなので、とても気分も高揚していいのですが、自分自身は部屋でパソコンを見つめているだけなので、その距離感というかプレイ感覚が独特です。わたしなんかは小心者なので、すぐに雰囲気に飲まれてしまいました。なので、長居して空気に乗っかってしまう前に退席したという具合です。

ただ、不完全燃焼というか、大してすったわけでもないのに敗北感があったので、ビデオポーカーで気持ちを流しました。機械相手はこういうとき、助かります。PCを切ったところで、気分がモヤモヤするので、さらっとプレイするのに最適。こうして、この日はおしまい。

ライブブラックジャックの雰囲気

よく週末、今度はまずいつものカジノで普通にブラックジャックをプレイ。前回のライブ式を思い出しつつ、基本手堅く、時にアグレッシブに。イメージトレーニングみたいなものです。私のカジノ心得は鉄の掟をきめており、気分が負けたらお終い。焦ってもお終い。「脳から燃えて、でもプレイはクールに」です。前回は見事に気分で負けてしまっていたわけですから、二の足は踏みたくありません。そしてそのイメージトレーニングで頭がカッカしてきたところで、ライブ式に再突入。しかし突入した、瞬間、ディーラーが咳き込んでいて「エクスキューズミー。。」と発言。ちょっと肩透かし食らった気分です。しかしそのままプレイに突入。

今回も軍敷金は潤沢。でも最初は少なめに。飛ばしたところで、誰も乗ってきません。そもそも、相手のプレイスタイルもわからないで、自分の手だけでレートを動かすのは素人です。対戦相手たちも、まずは堅実。どうやら鴨(もしくは強引な金持ち)はいない様子。空気は重くもなく、軽やか。こういうのがカジノの良い空気です(少なくとも自分には)強引だったりする奴がいると、すぐに場が冷めてつまらないんです。

とりあえず、プレイ、プレイ。画面のなかで右奥の男が調子良い。となりはバーストしまくり。ちょっと焦っている様子。右奥がしょぼそうで、隣が食いつきそうなところで、強引に押したり、右奥が堅実的にチップを守り始めたら、やわらかくいなしたり。そんなこんなで、今回は長時間プレイ。

次へつづく

色んなタイプの攻略法

明確な攻略法は用意されていませんが、ある程度攻略する方法は用意されていて、この方法で行っていれば稼げるだろうと思われていることはいくつかあります。これによってしっかりとお金を増やして出金できるようにしていれば、オンラインカジノを楽しむことが出来るはずです。一気に使ってしまうのがいいのか、それとも地道に増やすことを前提にポイントを使っていくことが望ましいのか、ここをしっかり判断してプレイすることが大事になります。

プレイをしていく方法は地道にした方がいい

沢山のお金を一気に使ってしまうと、ミスが出たときに絶対に後悔しますし、そもそも的中率が高いものでも、当たるという保証はありません。そのため地道に増やしていくことが望ましく、あまり多くのお金をつぎ込まないようにしてください。1回のゲームで使って良い金額は、最適レートに合わせておくといいです。これなら使いすぎの状態を減らせるようになりますし、間違って大量に使ってしまい、思わぬトラブルが起きてしまうこともありません。

一番下のレートにすることは簡単で、ゲームをプレイするときに一番下のレートが表示されますので、それ以上使わないようにすればいいのです。沢山使わないようにしていれば、それだけ増やさなくてもいい状態が生まれて、オンラインカジノをプレイするときの負担も減らせます。何よりも負けたときにまた挑戦できる状態になり、もう1回やれば当たるかもしれないという気持ちがあるので、一番小さい金額なら的中まで続けることも可能です。

一気に使ってしまうと、1回のミスで大金が失われることとなりますので、大きな失敗が生まれることは間違いありません、そしてミスが続いてしまうと、それだけ気持ちにも焦りが見えて、また大きな金額を使ってしまうことがあります。ミスをしないためにも、沢山使わないようにする気持ちを持つようにして、あまりにも勝負にならない状況で大勝負に出ることは避けるようにしてください。ミスをすればするほど、オンラインカジノ側の思う壺です。

レートの低いオンラインカジノを使う

どのようなレートが設定されているのか、オンラインカジノによってここは変わります。沢山使わないと勝負にならないところは、かなり厳しいものと判断して、出来る限りレートの低いところを使ってください。オンラインカジノは、レートの低さによって結構変わってくることになりますから、低いほうが遊べる時間も増やすことが出来ます。高ければ高いほど、遊べる時間が減ってしまうことは大きな問題になってしまうのです。

レートについては、一応ゲーム側で知ることも可能ですし、オンラインカジノのサイトを見ればだいたいこれから始めることが出来ると書かれている場合もあります。また無料でもデモゲームが出来る可能性もありますから、それでレートを調べることが可能です。どうしても調べることが難しいなら、登録してお金を入れないようにして、ゲームのプレイに必要な金額だけを調べておけばいいです。これですぐに判断することが出来ます。

オンラインカジノには、稼ぎたいと思っている思惑がしっかり出ており、レートの高いものは稼ぎ優先となっていることが多いです。そのためレートを低くしているところ、あまり使わなくても遊び続けられるほうが、プレイしていてストレスを感じることがありません。オンラインカジノを利用する前には、出来る限り情報をしっかり把握しながら、自分が投資しても問題のないカジノなのかを理解し、最低限のレートで勝負を続けることです。

当たりが小さくてもやむを得ない

レートが低いことは、当たるときの金額があまり増えない問題点もありますが、それでもオンラインカジノを長くプレイする、小さ金額でプレイするためには重要になっています。沢山使えば、自分がプレイできる時間は大幅に減ることとなりますし、場合によっては思っていた以上に金額が増えないままプレイが終わってしまうこともあります。沢山もらうことができれば、それだけ有利な状況を作れるかもしれないので、小さいあたりでも儲けが増えればいいと思ってください。

そして、オンラインカジノがレートの設定を低くしている時は、無理にレートを引き上げないようにして、小さいあたりを何度でも繰り返すことによって、当たるまで頑張ってみることです。プログラムで決定されている部分は、何度もやっていかないと改善しないことが多く、どんどん回らないと大きなものが得られないこともあります。オンラインカジノを使っていれば、そうしたことはすぐに分かるようになります。

奇跡的に大きな的中をして良かったと思えることがあっても、レートが低いと戻ってくる金額は小さいままかもしれません。ただリスクを軽減することが、オンラインカジノには重要なポイントとなっているので、そのリスクを大幅に減らすためにも無理をしないでプレイすることです。